読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き顔の朝

ほとんど寝ていない朝がきました、、これからどうしようかな?前の生活に戻ろうか?

フラフラしながら、道を歩いていた、、車の音が遠くに聞こえた、、また涙が、、こぼれてきて、どうしようもない孤独感と、私の足が震えた、、前の私は誰かに訴っえたかもしれないが、今回のことはもうどうでも良かった、、、そんなに私を苦しめるのなら、、私は相手に対して最善を尽くしたから、、悔いはないと、、でもそれでも、涙は溢れてくる、、、私はいろんなもの失った。。